こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2.  > コース紹介
  3.  > アメリカコース

アメリカコース

21世紀のアメリカ大陸を「発見」する。

グローバル地域文化学部では地域を大きく捉え、「アメリカ」を南北アメリカ大陸およびその周辺島嶼地域を意味する「アメリカス(The Americas)」として考えます。15世紀末にアメリカ大陸が世界地図に登場して、世界は真に地球規模の市場へと統合されました。カリブ海の砂糖生産、アメリカ大陸原産のジャガイモ、トマト、トウモロコシは、世界の食文化を大きく変えました。金銀の大量生産はグローバル規模の貨幣経済を進展させ、北方先住民との毛皮交易が上流階級のファッションを一転。また近代以降、世界中から多様な人々・情報・思想・頭脳を惹きつけ包摂してきた合衆国は、政治・経済・軍事面だけでなく、音楽・ファッションなどのポップカルチャーでも、世界の隅々まで影響力を持つようになっています。メキシコや2016年オリンピックが開かれるブラジルなど中南米の国々も、グローバル社会において、経済のみならず文化の面でも存在感を増しています。
本コースでは歴史、思想、人種・民族関係、移民、先住民、ジェンダー、大衆文化、国際政治などの講義を通じて、アメリカスを地域内の多様性と他地域との関係から考察します。外国語の習得に意欲的で、特定の学問分野を越えた多様な角度から現在の社会問題、文化現象を理解したい方を歓迎します。
松久玲子教授
アメリカコース写真(ニカラグア)
アメリカコース写真(NY)

Student’s voice

アメリカコース 3年次生 吉田 健志さん

強烈だったスペイン語との出会い
メキシコ留学で進路を見つけたい

英語と世界史が好きだったので、将来は語学や国際的感覚を活かせる仕事をしたいと考え、この学部に進学しました。周囲に留学や語学に意欲的な人が揃っているので刺激になります。大学でスペイン語と出会って、南米に興味のあった自分の将来に夢や目標ができました。昨夏1カ月間、海外研修でメキシコのラス・アメリカス大学に留学し、貧富の格差などメキシコ社会の現状を実際に自分の目で見て学べたのは貴重な体験でした。この夏から半年間、同じ大学に留学します。現地の大学生と同じクラスで勉強することで、将来の目標がより具体的になることを期待しています。
アメリカコース吉田健志さん

アメリカコース 3年次生 伊坂 俊祐さん

1年間の勉強を通じて南北アメリカ大陸がより身近な存在に。
今後はよりグローバルな視点を身につけたい。

一年次は、歴史と文化の二つの側面から南北アメリカ大陸を学び、様々な問題を自分なりに考えたことで、南北アメリカがより身近になりました。今後は、専攻コースの授業に限らず、語学や他コースの授業にも力を入れ、グローバルな視野から各地域にアプローチしていきたいです。
伊坂俊祐さん

アメリカコース 3年次生 中城 あすかさん

世界各地の文化や歴史、複数の言語を勉強できるのが魅力。
将来の夢は客室乗務員。

世界の様々な地域の文化や歴史背景について学びたかったので、この学部を志望しました。第二言語や他コースの講義も履修でき、幅広く学べることも魅力でした。将来は学んだことを生かし、多様な文化を持つ人々にも笑顔で接することができる客室乗務員になりたいです。
中城あすかさん

アメリカコース 3年次生 布施 翔太郎さん

現在のアメリカ合衆国にある様々な問題が
どのようなものかを学ぶことで、その素顔を知りたい。

以前からアメリカの文化や音楽に興味がありました。それだけではなく、アメリカが抱える人種・民族問題について「なぜなのか」という疑問を持っていました。アメリカの文化や歴史的な背景をきちんと学び、日米の架け橋となることが私の夢です。
アメリカコース 1年次生 布施 翔太郎さん

アメリカコース 3年次生 大塚 なぎささん

中南米地域の古代文明は不思議がいっぱい。
将来は、現地の魅力を伝えられるような
ガイドの仕事を目指していきたい。

ラテンアメリカの文化や歴史、特にインカやナスカなどの古代文明に興味があります。スペイン語と同時に文化や歴史を学習することが、今から楽しみです。大学では積極的に行動し、ペルーかメキシコでホームステイをして現地の空気を肌で感じたいです。
アメリカコース 1年次生 大塚 なぎささん