こちらに共通ヘッダが追加されます。
新着情報
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2. > 2014年度のニュース一覧(新着情報)
  3.  > 2014/12/10(水)第2回グローバル地域文化学会 学術講演会「グローバリゼーションを再考する」を開催します

2014/12/10(水)第2回グローバル地域文化学会 学術講演会「グローバリゼーションを再考する」を開催します

'14年11月21日 更新

同志社大学グローバル地域文化学会では、一橋大学名誉教授 伊豫谷 登士翁(いよたに としお)先生をお招きし、第2回学術講演会「グローバリゼーションを再考する」を開催いたします。

グローバリゼーションとは何か――現代社会を代表する現象としてグローバリゼーションという語が定着しつつありますが、グローバリゼーションを考えるには、どのような視点や理解が求められるのでしょうか。
グローバリゼーション研究の第一人者である、一橋大学名誉教授 伊豫谷 登士翁氏に、グローバリゼーションを理解するためのフレームワークについて、わかりやすくご講演いただきます。

事前予約不要、入場無料です。
学生の皆さん、一般の皆さんの来聴を歓迎いたします。

日  時:2014年12月10日(水)15:00-17:00(開場14:45)
会  場:同志社大学烏丸キャンパス志高館119教室
       地下鉄烏丸線今出川駅1番出口より北に徒歩5分

【講演概要】
グローバリゼーションを理解するには、個々の専門領域を越えた理解の枠組みが必要であるとともに、国家や社会という自明視されてきた境界を越えた観点が必要となります。近代において人文科学や社会科学の枠組みが無自覚に囚われてきた方法的なナショナリズムを打破しつつ、グローバルな観点を再考していきます。

【伊豫谷登士翁(いよたに・としお)先生プロフィール】
1947年京都府生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。一橋大学名誉教授。研究領域は、世界経済論、移民研究、グローバリゼーション研究。著書に、『グローバリゼーションとは何か』(平凡社新書) 『グローバリゼーションと移民』(有信堂))、『移動から場所を問う』(有信堂)など多数。

関連書類
お問い合わせ先
グローバル地域文化学部事務室
TEL:075-251-2610
FAX:075-251-2781
E-mail:ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)