こちらに共通ヘッダが追加されます。
新着情報
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2. > 2015年度のニュース一覧(新着情報)
  3.  > 2015/10/24(土)~25(日) 日本現代中国学会第65回全国学術大会が開催されました

2015/10/24(土)~25(日) 日本現代中国学会第65回全国学術大会が開催されました

'15年11月6日 更新
2015/10/24(土)~25(日) の二日間、同志社大学烏丸キャンパス志高館にて、日本現代中国学会第65回全国学術大会が開催されました。

実行委員長の巌善平教授(グローバル・スタディーズ研究科)をはじめ、本学の複数の学部の教員が運営に携わり、グローバル地域文化学部からは、阿部範之先生、竹内理樺先生が実行委員をつとめました。

初日午後をフルに使った共通論題「日本の中国研究を問う」では、加藤千洋教授(グローバル・スタディーズ研究科)が座長をつとめ、各分野の著名な研究者の報告と討論が行われました。また、二日目は、政治、経済、社会、歴史、文学などの分科会が開かれ、最新の研究報告と活発な議論が行われました。
学内で最先端の議論に触れることのできる貴重な機会に、学会員のみならず本学の院生・学生の参加もみられ、グローバル地域文化学部の学生も熱心に聞き入っていました。

※日本現代中国学会は、1951年6月以来の歴史を持つ現代中国および現代アジアに関心をもつ研究者によって組織され、研究者相互の交流と協力をはかり、その研究の発展を促進することを目的とする学術団体です。(日本現代中国学会HPより)
日本現代中国学会第65回全国学術大会看板
共通論題会場
共通論題