こちらに共通ヘッダが追加されます。
新着情報
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2. > 2016年度のニュース一覧(新着情報)
  3.  > グローバル地域文化学部の学生が、2016年度同志社大学秋学期外国語honorsで表彰されました!

グローバル地域文化学部の学生が、2016年度同志社大学秋学期外国語honorsで表彰されました!

'16年12月13日 更新
2016年12月8日(木)、今出川校地クラーク記念チャペルにて、秋学期外国語honors認定書授与式が行われました。
グローバル地域文化学部からは、11名が表彰されました。


【ヨーロッパコース3年次生・増野朱菜さんの喜びの声】
2年次で参加したサマープログラムをきっかけに、イギリスの大学に長期留学したいと考えるようになり、英語学習に力を入れはじめました。
英国VISA取得のためにIELTSを積極的に受験した結果、このような賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。
来年の留学、また将来に向けて、今後も努力を怠らず英語力向上に努めていきたいです。

【ヨーロッパコース3年次生・森田真歩さんの喜びの声】
外国語能力の向上は、大学生活で絶対に達成すると決めた自分の中の目標の1つでした。3回生では派遣留学を経験し、外国語の勉強をきっかけに、より広い世界を見る事が出来ました。今回外国語honorsの受賞にあたり、大学生活を支えてくれる家族や友達に感謝の気持ちを忘れず、残りの大学生活も更に充実したものになるよう頑張りたいです。

【ヨーロッパコース3年次生・太原万葉さんの喜びの声】
この学部に入学して以来、授業や留学を通してハイレベルな英語に触れる機会が数多くありました。その環境を困難に感じることもありましたが、そこでの努力を今回外国語オナーズという形で認定して頂き、さらにこのような素敵なチャペルで、学長に表彰して頂いて大変嬉しく思います。
これをスタート地点として今後も学習に励み、英語以外の外国語にもまた新たに挑戦してみたいです。
ありがとうございました。

【ヨーロッパコース4年次生・丸山祐矢さんの喜びの声】
入学以来、コツコツと学び続けてきた自分のドイツ語を、外国語オナーズというかたちで大学から評価して頂き、大変嬉しく思っています。
僕は、ドイツの美しい街並みに惹かれてドイツ語を学び始めました。昨夏には、サマープログラムで初めて憧れのドイツに渡り、ますますドイツという国が、ドイツ語という言葉が好きになりました。この思いは、今もドイツ語を学び続ける大きな原動力となっています。
皆さんも、自分の中にある「好き」を大切にして外国語を勉強してみてください。そして、ぜひオナーズに挑戦してみてください。
お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

【ヨーロッパコース4年次生・大野有香さんの喜びの声】
グローバル地域文化学部に入学した際に、英語とドイツ語を実用的なレベルまで上達させるという目標を立てました。外国語honoursはその目標を達成するための小さな目標としていたので、3年次生の後期に英語で、そして今学期ドイツ語の外国語honoursでも表彰していただけることを大変嬉しく思います。しかし、英語においてもドイツ語においてもまだまだレベルを高めていく必要があると感じています。今回の表彰を一つの通過点とし、これからも語学学習に励んでいきたいです。

【ヨーロッパコース3年次生・古川実花さんの喜びの声】
1年間のドイツ留学の集大成として受けた語学試験がこのような形で表彰され、大変嬉しく思います。今までお世話になった先生方や友人に感謝するとともに、さらなる語学力向上を目指して頑張ります。

【ヨーロッパコース4年次生・池上優子さんの喜びの声】
わたしは留学や語学資格取得などを大きな目標とし、これまでフランス語の学習に取り組んできました。語学の学習には「ゴール」がなく、モチベーションを維持するのが大変ですが、目標を立てて「楽しみながら」学んでいく事が上達に繋がる鍵だと思います。学長から手渡しで表彰状をいただくというのは貴重な経験で本当に嬉しいものです。みなさんも、語学学習そして大学時代のひとつの目標として「外国語オナーズ」取得を目指してみてはいかがでしょうか?

【アジア・太平洋コース4年次生・福菜乃佳さんの喜びの声】
2つ以上の言語を学ぶことが必須であるというグローバル地域文化学部の特徴を生かし、大学入学以来、中国語と英語どちらの言語に対しても一生懸命に取り組んできました。その成果をこのような形で表彰していただき、大変うれしく思います。グローバル地域文化学部に入学していなければ、これほど言語に対するモチベーションを維持出来ていなかったかもしれません。そのため、いつも丁寧にご指導してくださった先生方には大変感謝しております。今後も、さらに語学の勉強に励んでいきます。

【アジア・太平洋コース3年次生・藤井佑有さんの喜びの声】
 私は中国に興味があったため、大学では中国語を勉強したいと思い、入学しました。中国語は思っていたよりも難しく、勉強を続けられるか不安に思ったこともありましたが、今回、授業での勉強と語学検定の成果を表彰して頂き、とても嬉しいです。
 これからも、更に中国語が上達するように、今まで以上に勉強に励んでいきたいと思います。

【ヨーロッパコース3年次生・砂田麻優子さんの喜びの声】
今までロシア語を勉強してきたこと、そしてその成果を外国語honorsで表彰していただき、大変嬉しく思います。ここまでロシア語の勉強を続けてこれたのは、いつも丁寧に教えてくださる先生方のおかげです。ロシア語は難しい言語で勉強していて苦労しますが、とても魅力的な言語です。これからもこの言語をもっと深く知り、上手くなれるように勉強を頑張っていきたいと思います。

同志社大学外国語オナーズ(外国語科目成績優秀者表彰制度)
外国語科目の成績優秀者を表彰する制度です。受賞者には、学長表彰と成績証明書への記載が行われます。
学長との記念撮影
学部長との記念撮影