こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員概要・教員プロフィール
  4.  > 南北アメリカ地域 教員一覧
  5.  > 松久 玲子

南北アメリカ地域 教員一覧

松久 玲子(マツヒサ レイコ)

英語表記Reiko MATSUHISA
職名教授
主な担当科目グローバル地域文化入門セミナー、
グローバル地域文化発展セミナーⅠ、Ⅱ
グローバル地域文化専門セミナーⅠ、Ⅱ、卒業論文、
グローバル・イシュー(ジェンダーと地域文化)、
南北アメリカ地域文化の形成2(ラテンアメリカの形成)
所属コース名アメリカコース
研究者情報研究者データベース「研究者情報」(オリジナルサイト)
松久 玲子

学生へのメッセージ

 皆さんは、ラテンアメリカというと何を思い起こすでしょうか。サッカーやカーニバルを思い浮かべるかもしれないし、貧困や社会格差の問題、麻薬戦争といった負の側面を思い浮かべる人もいるでしょう。ラテンアメリカおよびカリブ海域は33カ国からなり、それぞれの国々の社会や文化はさまざまです。
 私の研究フィールドは、ラテンアメリカの中でもメキシコや中米が中心です。世界第二の都市メキシコ市では、朝夕、日本の通勤ラッシュ並みに混み合う地下鉄が東西南北に張り巡らされており、自動車は南北東西を走る幹線道路で大渋滞しています。街の市場にはさまざまな種類の果物や日常使いの色鮮やかな民芸品があふれ、大学周辺の道路には安くておいしいタコスの屋台が軒をつらねています。メキシコの伝統料理は、ユネスコで食の分野の無形文化遺産に登録されたのを知っていますか。グアテマラでは、先住民の人々の住む村に、5時間も凹道を通ってたどり着きました。そこには、色とりどり刺繍をほどこした民族衣装が市場で売られ、先住民の家族の住む小ざっぱりした家には乾燥トウモロコシが蓄えられ、鶏が庭を走り、貧しいけれども清潔で居心地良い家で遠来の客を迎えてくれました。ニカラグアでは、友人と行ったレストランで、貧しい子どもたちが、私たちが食べ残した料理をつかんで口に入れ逃げて行くのを見て、ショックを受けました。ラテンアメリカには、日本で生きていては想像できないような豊かさと貧しさが隣り合わせに共存しています。そこには、経済発展と貧困のはざまで生きる人々の生活があり、それはある意味で先進国の未来でもあり、発展途上国の過去にも通じる要素を持っています。
 一緒に等身大のラテンアメリカを探求してみませんか?ラテンアメリカの国々の歴史や社会や文化について学ぶことにより、これからの日本のあり方を考えてみてはどうでしょう?

プロフィール(経歴、趣味、等)

 高校時代にアメリカ合衆国ジョージア州に留学し、アメリカ大陸のスペイン語圏の広がりを実感して、大学ではスペイン語を勉強しました。大学卒業後は、ラテンアメリカの教育問題に関心を持ち、大学院で比較教育学を専攻しました。大学院時代にメキシコに留学し、以降、中米やメキシコを中心としたラテンアメリカ地域の教育に関する研究を続けています。ラテンアメリカでの調査や在外研究で、ラテンアメリカの女性たちの社会進出や政治活動を目の当たりにし、当時ほとんど日本では知られていなかったラテンアメリカのフェミニズム運動について研究を始めました。現在は、グローバル地域文化学部とともに、グローバルスタディーズ研究科にも所属し、国際社会におけるジェンダーや教育の問題への取り組みについても教えています。
 趣味と言えるかどうかわかりませんが、調査や在外研究のときにラテンアメリカで買ってきた民芸品が、気がついてみるとかなりの数になっていて、民芸品の収集が趣味かも知れないと思いだしました。パーティ好きで、メキシコ料理を作るのも好きなので、これも趣味と言えるかもしれません。

研究内容

 メキシコと中米を中心としてラテンアメリカにおけるジェンダーの視点をもつ教育政策について研究しています。ラテンアメリカでは、教育におけるジェンダー・ギャップ(男女の格差)はアジアやアフリカ地域と比べると低いですが、階層間の教育格差が大きい社会です。特に農村地域の女性の就学率や識字率が最も低く問題となっています。こうした格差を是正するためにどのような教育プログラムや成人のためのノンフォーマル教育が実施されているか、その効果はどのようなものかを研究しています。そして、女性を対象として、こうした格差を是正するための政策の推進力のひとつとなっているラテンアメリカのフェミニズム運動についても研究しています。
 研究テーマは、近代の公教育システムを通じて歴史的にジェンダー(社会的・文化的性差)が構築され、再生産されてきた過程を明らかにすることです。また、ラテンアメリカは、貧困と階層格差に基づく多くの社会問題を抱えていますが、そうした社会問題が顕在化した児童労働の問題をテーマとして取り上げ、労働を余儀なくされている子どもの置かれている状況と子どもの就学との関係に焦点を当て、ジェンダーの視点を切り口に研究を進めています。

主要業績
  • 著書:『メキシコ近代公教育におけるジェンダー・ポリティクス』、行路社、2012年
  • 共著:「ニカラグア―新自由主義のはざまで生きる女性たち」国本伊代編、『ラテンアメリカ 21世紀の女性と社会』行路社、2015年
  • 編著書:『メキシコの女たちの声-メキシコ・フェミニズム運動資料集-』、行路社、2002年