こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員概要・教員プロフィール
  4.  > アジア・太平洋地域 教員一覧
  5.  > 西納 春雄

アジア・太平洋地域 教員一覧

西納 春雄(ニシノウ ハルオ)

英語表記Haruo NISHINOH
職名教授
主な担当科目発信スキル実践、情報機器の操作、英語関連科目
所属コース名アジア・太平洋コース
研究者情報研究者データベース「研究者情報」(オリジナルサイト)
西納 春雄

学生へのメッセージ

 よく若者に対して、「君には無限の可能性がある」といいますが、この言葉は必ずしも字義通りではありません。ある日本の哲学者がかつて指摘していましたが、それは、「君は希望を捨てずに努力すれば何でもできる、何にでもなれる」という責任のない激励ではなく、「君がどう生きていくかはすべて君の手中にある」ということです。自分には才能がない、自分はもてないと決めることは、そういう自分を選ぶことになります。
 自分自身で自分の本質を決定し、人生をそのように規定していくとき、その人生の責任はすべて言い訳せずに負わねばなりませんが、同時に、そのような生き方は自由奔放に何をして生きてもよい、ということを意味するわけではありません。社会の中で確実に機能するための知識と技術と人間関係を身につけることが前提となります。その社会は今日では、狭い地域社会や、いわゆる世間や一国を超える広がりを持っています。大学とはそのような大きな世界に旅立つ若者が独り立ちする準備をするところです。
 地球規模で共存・平和・存続の方法が問われている現在、地域というミクロ的視点と、地球というマクロ的視点から世界を眺め、柔軟な思考と行動力を持って羽ばたく力を、この学部で一緒に養ってみませんか?

プロフィール(経歴、趣味、等)

 石川県生まれ、京都嵐山在住。趣味は近郊散策と園芸、旅行、写真など。大学院は米国で、その後在外研究で英国と米国へ。また、国際交流の公務や国際学会で、アジアの途上国からヨーロッパの国々までかなりの数の国々を回りました。海外留学や海外渡航の相談には様々なレベルで応じることができると思います。

研究内容

 研究分野は二つ、中世英国のロマンスとコンピュータを利用した語学教育です。

 前者は中世スコットランドのロバート・ヘンリスンという詩人の研究。ヘンリスンは、チョーサー(『カンタベリ物語』などを書いた宮廷人)の影響を受け、教訓的な詩を得意とした謹厳な詩人ですが、西洋文学に連綿と続く主題を受け継ぎ、古い物語の生命力を生かした詩を書いています。この詩人の作品を、コンコーダンス(用語索引)、関連文献の書誌、全作品の翻訳、批評と、じっくり読み進めています。

 もう一つの研究は、コンピュータとネットワークの教育への応用。特に英語教育への応用に携わっています。最新の道具をうまく使いこなして、英語の聞き取り、読み書き能力を高める教授法を開発しようと、90年代初頭から実験的なクラスを運営しています。ドリル学習から始まった授業も、今では動画を使ってマルチメディアを取り入れたものになりました。現在は、英語学習者のためのサイトを、オープンソース・ソフトウェアによって構築し、意見交換と学習の場を作り上げています。

主要業績
  • 『英語学習のための情報リテラシーブック』 (大修館書店)
  • 『広げる知の世界:大学での学びのレッスン』(ひつじ書房)
  • 『英語コーパス言語学:基礎と実践』(研究社)