こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 教員概要・教員プロフィール
  4.  > ヨーロッパ地域 教員一覧
  5.  > Irina MELNIKOVA

ヨーロッパ地域 教員一覧

Irina MELNIKOVA(イリーナ メリニコワ)

職名教授
主な担当科目ヨーロッパの課題7(ヨーロッパから見た日本)、
ロシア語関連科目
所属コース名ヨーロッパコース
研究者情報研究者データベース「研究者情報」(オリジナルサイト)
Irina MELNIKOVA

学生へのメッセージ

 みんなさんは京都の散策がお好きですか。京都市内の地名を見るだけでも、私たちは日本の歴史や文化を勉強することができます。京都のように、文化的背景が豊かな町は世界各地に存在します。イタリアのローマ、フランスのパリ、ロシアのサンクト・ペテルブルグはいつも外国人観光客にあふれています。しかし、短い観光期間のなかで、私たちは異文化をどれだけ理解することができるのでしょうか。それは、ごく浅い知識に留まる気がしてなりません。私は皆さんに、同志社大学の学生として過ごす貴重な4年間を、京都や関西、日本の地域文化を学ぶ期間として使って頂ければと思います。ローカルとグローバルのつながりを「肌で」感じましょう。一つだけの例を挙げたいと思います。同志社大学の今出川キャンパスには、冷泉家の古い公家屋敷があります。800年以上の間、藤原定家ノ依存にあたる冷泉家は日本の歌論の秘密を守ってきました。しかし、現在、和歌は日本以外の国々でも紹介され、世界共通の文化的遺産になっています。19世紀における、ヨーロッパと日本文学との出会いも、日本の和歌が外国語に翻訳されることから始まりました。その理由を理解するためには、ヨーロッパの文化・文学の伝統を学ぶことが必要です。忘れてならないのは、世界で行われている日本文化の研究そのものが、グローバルな政治、経済、環境問題と密接に繋がっているという点です。

プロフィール(経歴、趣味、等)

 私はロシアのサンクト・ぺテルブルグで生まれ、育ってきました。サンクト・ペテルブルグ国立大学で日本の古典文学を専攻し、江戸時代の文学(上田秋成等)について博士論文を書きました。1996年までサンクト・ペテルブルグ大学で日本語、日本文学を教えており、1990年に東京の立教大学で半年、1994年に横浜のフェリス女学院大学で1年、在外研究を行いました。日本での短期滞在はいつも関東で、いつかは大好きな日本古典文学の舞台となっている京都にも住んでみたいと思っていました。同志社大学に来て、もう16年間、おもに母国語のロシア語を教えていますが、日本文学のロシア語への翻訳にも取り組んでいます。最近は、私が翻訳を担当させて頂きました、宮部みゆきの『火車』がロシアで出版されました。日本の古典文学も決して忘れずに、平安時代に書かれた『更級日記』や江戸時代の『好色一代男』などの翻訳も行っております。趣味は、美味しい和食を食べることや、熱い温泉に浸かること、旅行、映画の鑑賞などです。日本文学の翻訳も、趣味の一つだと言えるかもしれません。

研究内容

 日本とロシアの文化交流を自らの研究課題に設定し、19世紀から20世紀にかけての文学や音楽、映画などといった分野における両国の交流の歴史や、その交流によって形成されてきた日露相互のイメージに注目しています。最近の研究は、ロシアの文学者であり、思想家であるレフ・トルストイと同志社大学の初期の卒業生たちとの間に生まれた交流に関わっています。また、これまでは、ロシア映画と日本映画における日露相互のイメージ研究を進めてきましたが、今は日本以外の文化的コンテクストにおけるロシアの映画的イメージに関心を抱いています。1917年の革命後、ロシア人芸術家の多くは国外に亡命しており、そのなかには映画製作に携わってきた人も多く含まれていました。現在の私の研究は、そういった亡命ロシア人が日本やフランス、ドイツやアメリカで行ってきた映画製作を対象とするもので、亡命映画人が1920年代から1950年代にかけて、世界へむけて発信してきた『ロシア』のイメージに関わるものです。

主要業績
  • Melnikova Irina, Constructing the Screen Image of an Ideal Partner, Japan and Russia: Three Centuries of Mutual Images,edited by Y. Mikhailova and M.W.Steele, London: Global Oriental Publishers, 2008, 112-133.
  • Melnikova Irina, The First Contacts of Leo Tolstoy with the Doshisha School Alumni, 言語文化, 第14巻第2号、2012, 191-208.
  • Melnikova Irina、1920−1930年代のヨーロッパ映画における亡命ロシア人とロシアのイメージ, 言語文化, 第14巻第4号、2012, 351-374.