こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2.  > コース紹介
  3.  > ヨーロッパコース

ヨーロッパコース

古くて、新しい。それがヨーロッパ。

 ヨーロッパは多くの国家・文化・言語を内包した多元的な地域であるとともに、特に近代以降において、南北アメリカ、アフリカ、アジアの諸地域との緊密な歴史的関係のなかで拡大・発展してきました。
 本コースでは、グローバルな観点からヨーロッパについての理解を深めます。そのために、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などの言語を通じて、その地域固有の歴史・文化・社会を詳しく学びつつ、ヨーロッパと世界との関わりについて考えます。
 ヨーロッパの抱える諸問題を、「協調」や「対立」といった様々な関係性において、あるいは「宗教」「移民」「植民地主義」といったグローバルな共通課題において捉えていきます。例えば、「グローバルにフランスを理解する」ためには、フランスの現代社会、そしてフランス語だけではなく、隣国のドイツや、フランスがかつて支配したアジア・アフリカの国々との関係を学ぶことが不可欠です。
ヨーロッパコース 清水 穣 教授
ヨーロッパコース写真(ロンドン)
ヨーロッパコース写真(オペラ座)

Student’s voice

ヨーロッパコース 4年次生 門脇 愛美さん

多様な価値に開かれた社会を築いていきたい

 高校生のとき英語が比較的得意で、また、世界中の見たことのない景色を見てみたいと思っていたことから、国を超えて動けるような、日本と世界をつなぐような存在になりたいと思っていました。そのような人になるために、言語だけでなく、文化や歴史を理解し、多様な人と良い関係を築くための土台を作りたいと思い、この学部を選びました。
 学部では、グローバリゼーションについて考えながら、自分の興味のある差別や排除などの問題に焦点を当ててグローバル・イシューを学んでいます。2年生の秋学期にはアメリカへ留学し、それをきっかけに英語力が上がっただけでなく、視野が広がったとも感じています。そういった自分の変化を感じられたことがもっと成長したいというモチベーションになり、帰国後は国際交流イベントの運営に挑戦しました。
 将来は、この学部で得た多様な文化や価値観に寄り添う視点を活かして、グローバルに活躍できる存在になりたいです。

ヨーロッパコース 4年次生 門脇 愛美さん

卒業生の声

ヨーロッパコース 2017年卒業 溝口 亜耶さん

大学時代の経験がなに一つ無駄ではなかったことを実感しています。

 この学部では多様性を認め合う風土、自由な発想が発揮できる環境、自分の進む道を自分で決められる制度、すべてが整っています。特に留学に関しては、地域や期間・時期について様々な選択肢があるため、留学を理由に他のことを諦める必要はありません。私は学生団体の活動と両立しており、その経験で養った、互いに認め合うコミュニケーション能力は社会人となった今、貴重な財産となっています。大学時代、初めて自分が本気で頑張りたいと思えることが見つかりました。人生で一度しかない大学生活。自分のやりたいことを諦めたくなかった私にとっては、欲張って色々なことが出来る環境が必要であり、その環境がこの学部にはあると思っています。
ヨーロッパコース 2017年卒業 溝口 亜耶さん

卒業論文テーマ