こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル地域文化学部ホーム
  2.  > コース紹介
  3.  > アメリカコース

アメリカコース

21世紀のアメリカ大陸を「発見」する。

 本学部では、「アメリカ」を南北アメリカ大陸およびその周辺島嶼地域を含む「アメリカス(The Americas)」ととらえます。
 大航海時代を経て、世界は地球規模の市場へと統合されました。カリブ海の砂糖、アメリカ大陸原産のジャガイモやトマトなどは世界の食文化を大きく変え、金銀の大量生産はグローバル規模の貨幣経済を発展させました。また近代以降、アメリカ合衆国は、政治・経済・軍事面だけでなく、音楽・ファッションなどの分野でも、グローバルな規模で影響力を持つようになっています。メキシコ系移住者をはじめ、移民を抜きにして現在のアメリカは語れません。また、かつて日本が移民として向かったブラジルなどの南米の国々も、経済のみならず文化の面でも存在感を増しています。
 本コースでは、歴史、人種や民族、ジェンダー、大衆文化、国際政治などについて学びつつ、「アメリカス」を地域内の多様性と他地域との関係から考察します。現在の社会問題や文化現象について、様々な角度から考えたい方を歓迎します。
アメリカコース 宇佐見 耕一 教授
アメリカコース写真(ニカラグア)
アメリカコース写真(NY)

Student’s voice

アメリカコース 4年次生 朴 映実さん

国と国を繋げる架け橋のような存在になりたい
 高校での世界地理の授業で、世界の様々な地域事情や諸問題について学び、グローバル・イシューに興味を持ちました。また、語学にも興味があったので、グローバルな視点から世界情勢について学ぶことができ、且つ語学カリキュラムも充実している同志社のグローバル地域文化学部は私に最も適した学部だと思い、この学部に入学を決めました。
 授業では、南北アメリカの歴史を基礎として、現在のアメリカ社会が抱える諸問題までを関連付けて学んでいます。3年生の秋学期には学内プログラムを利用してカナダに留学し、語学だけではなく、実際にアメリカ大陸での生活を経験してみることで、これからの研究のための知識の幅が広がりました。
 将来は、この学部で培った語学力と様々な地域の文化に対する理解力、グローバル・イシューに対する解決能力を活かして、国と国の架け橋のような存在になりたいと思います。

アメリカコース 4年次 朴 映実さん

卒業生の声

アメリカコース 2017年卒業 吉田 健志さん

学んだことを活かし、将来的には海外駐在に挑戦したい

 私がこの学部での学びにおいて主に力を入れていたのは、語学力の向上とメキシコの地域研究でした。インテンシヴクラスでスペイン語を学び、さらにサマープログラムで一か月、派遣留学制度で半年間メキシコへ留学しました。その際に日本車が多く走っていることに興味を持ち、卒業論文ではメキシコにおける外資自動車メーカーの進出戦略に焦点を当てました。また、英語の勉強も同時並行で行っていました。
 現在私は物流関係の企業に勤めています。将来的には海外駐在を経験し、現地法人をマネジメントできる社員になることが目標です。仕事を覚えると同時に、学生時代に勉強した語学力をより一層向上させ、世界で通用する人物になりたいと思います。

アメリカコース 2017年卒業 吉田 健志さん

卒業論文テーマ